2017/05/26


深夜になって、突然の空腹に襲われた。夕食時にどんぶり二杯分の白米をいただいたが、どうやらとうに消化されてしまったようである。

僕は食べるのが好きだ。味覚が僕を幸せへと導いてくれる、神聖な行為だから。特にフライドポテトを食べている時、僕は幸せの絶頂にいる。

僕は食べるのが嫌いだ。胃がむかむかして吐いてしまうから。とてつもない罪悪感に襲われるのだ。

私の脳内の電話交換手は何をしているのだろうか。情報が錯綜していて自らの意思を確認することができない。私は電話交換手にスマートに仕事をするよう念を送った。電話交換手からの返答はなかった。電話交換局はパンクしてしまったらしい。

なので私は手元にあったカップヌードルを作り始めた。お腹が空いていたからだ。脳髄もきっとそれを望んでいる。

夜食は嫌いだ。準備するのが面倒臭いから。何も作る気が起きない。私は夜食が好きだ。嫌なことを一時的に忘れさせてくれるから。